以外に複雑な相続争いと訴訟

表見相続人に対し、相続回復請求を行使する場合、地方裁判所に訴訟を提起します。

姉が死亡し、相続人は妹と弟のふたりであった。ところが姉は資産があり、家事全般を住み込みの家政婦に任せていたが、その家政婦が三文判を使って姉と養子縁組していた。自分が相続人だとして遺産を全て相続し、家と土地を第三者に売却し、全く取り合ってくれない。この様な場合、遺産を取り戻すことが出来るのだろうか。
“以外に複雑な相続争いと訴訟” の詳細は »

骨董品や美術品の相続の話だ

相続財産に含まれた骨董品類を相続する時に気を付けたい事

家人が亡くなり、様々なものを相続します。土地や預貯金以外に、個人が趣味で集めた絵画や骨董などがある場合、それらを相続する時にはどんな点に注意すれば良いのでしょうか。
“骨董品や美術品の相続の話だ” の詳細は »

住宅ローン支払中の相続

住宅ローンを支払っている最中に一家の大黒柱を失うような事態にはどう対処すべきか。

夢のマイホーム、購入時に住宅ローンを組む方が殆どかと思います。一般的に住宅を購入する際のローン名義人は生計の中心となるご主人で、銀行ローンを利用される方が多いでしょう。もし、急にご主人が亡くなってしまい、多額の住宅ローンを残したまま奥様が相続することになった場合、
“住宅ローン支払中の相続” の詳細は »

平成27年から相続税が変わります

平成27年よりの相続税の変更点のまとめ

平成27年から相続税が増税となることはご存知でしょうか。

心のどこかで気になりながらも、ついつい見ないふりをしてしまっている相続の事、知識不足が一番の理由でしょうが、もっと大きな理由が「私には関係ない」という思い込みです。
“平成27年から相続税が変わります” の詳細は »

相続放棄をしたものがいる時の相続分

相続放棄した場合、その財産はどの様に分与されるのでしょうか。

相続が発生し、その財産を引継ぎたくない場合、相続放棄という方法がありますが、相続放棄には借金などのマイナスの財産を引継がなくてもよい代わりに、被相続人と一緒に住んでいた家の名義人が被相続人であれば、
“相続放棄をしたものがいる時の相続分” の詳細は »